free web site builder

佐々木 大輔

 略歴

1977年1月31日生 青森県十和田市出身

父親の影響で幼少からスキーを始め、毎週のように地元スキー場でスキーを楽しむ
他のスポーツには全く興味が湧かなかったが、唯一スキーだけは自分の楽しめるスポーツと感じる

1995年 高校卒業後、カナダ ウィスラーへ。旅行会社ジャパナダで現地ガイドとして勤める傍ら、 スキーを楽しむ
1997年 スキーベースジャンプを創り出し、フリースキーの第一人者である
スキーヤー シェーン・マッコンキー(Shane McConkey (1969 – 2009))のパフォ-マンスに衝撃を受け、フリーライドスキーの世界へ一気に引き込まれる
1998年 International Freeskiers Association (以下IFSA)が、 カナダ ウィスラーでワールドツアーを開催。大会開催中、憧れのシェーンに会う機会を得て、
『日本人プレイヤーとして、大会を盛り上下てくれるのを待ってるよ』
と誘われ、総合滑走競技「ビッグマウンテン」への出場を決意。
1999年 IFSAワールドツアー初挑戦。アメリカ大会で本選スタート順がシェーンの次となり、ヒーローの滑りで巻き起こる観衆の大歓声を目の当たりにする。益々フリーライドスキーのもつ魅力に取りつかれ、自身もシェーン同様にskiの表現者として生きようと決意
2002年 IFSAアラスカ世界大会に初めて招待を受ける
2003年 大会中最も過激な滑りをしたスキーヤーに送られる「SICKBIRD」チャンピオン(日本人初) 同年アラスカで行われた 「AKフリーライドチャンピオンシップ」優勝 (日本人初)
2003年 カナダ大会後、技術や滑る歓びを伝えるため、日本国内でも本格的に活動を開始
2004年 ワールドツアー大会中に、背骨、腰骨、膝と11箇所を骨折。その後は大会にスポット参戦しつつ、
日本でのスキー人口の拡大、無限に広がるスキーの魅力、可能性を広める為活動中

スキーの可能性と歓びを、
 “ベースジャンプ ” と “スキー” を融合させた
「スキーベースジャンプ」で表現し 、世界「最驚」を目指す


 戦歴/略歴

2002   IFSAワールドツアーカナダ大会 8位
2002   IFSAワールドツアーUS大会 シックバード ノミネート(日本人初)
2003   IFSAワールドツアーカナダ大会9位
2003   IFSAワールドツアーカナダ大会 シックバードチャンピオン(日本人初)
2003   IFSA総合ランキング 18位
2003   アラスカフリーライドチャンピオンシップ 優勝(日本人初)
2007   カナディアンフリースキーチャレンジ 15位
2012   日本人として初めてスキーベースジャンプに成功
2013   富士山お鉢でのスキーベースジャンプに成功
   現在国内を中心にエリアを開拓、
ビッグマウンテンのNEXTレベル、スキーベースジャンプで活動中

FOLLOW ME